auスマホ&iPhoneからガラケーに機種変更して戻す方法

2018/08/05

この記事は通話メインのauガラケーとネットメインの格安スマホの2台持ちを想定している人のために書きました

2台持ちで格安運用をするためにauのAndroidスマホやiPhoneから料金の安い通話メインのauガラケーに機種変更をする方法をまとめています。

ガラケーと格安スマホの2台持ちをする人は、キャリアメールアドレスを残したい人とか、家族間の無料通話を残しておきたい(僕はこのタイプでした)とか、格安スマホ1台だと通話料が逆に高くなっちゃうっていう人がよく選ぶんで、あなたもこの方法を使って上手に通信費を節約してください!

 

auのスマホ・iPhoneからガラケーに機種変更をする方法

auショップの正面店構え

auでスマホからガラケーに機種変更をするには、

  1. 新しいガラケー端末を購入して機種変更する
  2. 自分で用意したガラケー端末を持ち込みで機種変更する

という2つの方法があるんですが、金銭的な負担が少ないのは後者の方。

普通にガラケー端末を買って機種変更すると、端末代が高額だし、月々の維持費も高いくなっちゃうので、2台持ちには不向きだからです。例えば、auオンラインショップでガラケー機種を見てみると、4G LTEケータイ(ガラホ)の端末代は37,800円とか45,360円もする!

毎月割が適用されても実質0円にはならず、負担額は端末代だけで20,000円以上。端末代を分割払いにすると、毎月の料金は結局3,000円ぐらいしちゃうから、(ポイントがたくさんある人はともかく)これにスマホ代をプラスして考えると、節約目的の人は厳しいなぁと。

 

2台持ちなら中古や白ロムのガラケーを持ち込み機種変更の方が安い

あなたがイメージする通話メインで運用できるau格安ガラケーを持ちたいなら、中古品とか未使用の白ロムガラケーを自分で買って、持ち込み機種変更するといいです。

今は白ロムのガラケーも人気があるんで、1万円以内でそこそこ新しい機種とかauで今も売ってる最新機種(しかも未使用品!)が買えます。

3Gガラケーなら2,000円ぐらいからありますし、こっちの方が節約効果はデカイ。

 

持ち込み機種変更では違約金はかからないけど、分割払い中の端末代の残りに注意!

持ち込み機種変更は解約ではないので2年縛りに関係する違約金はかかりません。いつ機種変更しても0円です。

しかし、今使っているスマホ、iPhoneの端末代を分割払いにしていて、まだ残りがある人は要注意です。

端末代が残っている状態で機種変更すると、毎月割が消滅してしまい、残債全額を割引無しで一括で払うか、そのまま分割で払わないといけません。そうなると、月々の維持費に端末代が加算するか、初期費用が大きくなってしまうので、2台持ちの節約効果が無くなってしまいます。

今使っているスマホ、iPhone、ガラケーの端末代の残債額は「auお客さまサポート」にログインし、「ご利用機種情報」→「分割支払残額」で確認できます。

2台持ちで節約したいのなら、残債が残っていない状態でスマホからガラケーに機種変更するほうが金銭的にはお得です。

 

2台持ちに適しているauガラケーの料金プラン

3Gのガラケー端末を買って使うのか、4G LTEガラケー(ガラホ)を買って使うかによって選べる料金プランは違うんですが、安いのは3Gガラケーの方。

3Gガラケーで2台持ちに適している料金プランで言うと、

  1. 745円+通話料(30秒20円)
  2. 936円+通話料(無料通話1,000円・30秒20円)
  3. 1,552円+通話料(30秒16円、無料通話2,000円)
  4. 2,202円(かけ放題)

このあたり(上の値段はユニバーサル利用料2円含めてます)。~@ezweb.ne.jpのキャリアメールアドレスを残す人は、ネット利用のためのezweb(月額300円)を上の値段に追加すれば良い。

最近は白ロムも多く出回ってきているガラホでも似たような料金プランがあるんで、ガラホにしたい人は「auガラホの料金プラン/最安維持費は通話のみで1,001円~」の記事で確認してください。

 

30秒20円のガラケーの通話料をさらに安くする裏ワザ

かけ放題プランの人はともかく、最安値レベルのプランでは通話料30秒20円。これは、楽天でんわを導入すると30秒10円に下げられます。


楽天でんわはインターネット回線を使うIP電話ではなく、普通の090の音声回線を使って通話料を安くするもので、ガラケーでも使えます。公式サイトで登録して、通話するときは相手の電話番号の前に「003768」を入れて発信するだけで自動割引してくれますから、通話が多い人は一応登録しとくといいかも。

ただし、楽天でんわでの通話分は家族間通話・無料通話、かけ放題は適用されないんで、割引にならない一般通話の時だけ利用すること!

僕は美容室や飲食店などの予約の時に電話をする時とか、荷物の再配達を電話で頼むときとか、どこかに問い合わせしないとダメな時の通話は楽天でんわを使ってますね。

たった数分の通話で30秒20円でも、塵も積もれば山となるんで、削れるところは徹底して削ってやろうと思って、そこは徹底してやってますw

楽天でんわ

 

auショップでスマホからガラケーに持ち込み機種変更するときに必要なもの

4G LTEスマートフォンからガラケーに機種変更する時は手数料が3,000円かかります。4G LTEスマホ→ガラホに機種変更するときは2,000円で済む場合もあり。

 参考  auの白ロムガラケーを持ち込み機種変更する方法

この手数料は翌月の利用料と一緒に請求されるんで、当日持っていかなくても大丈夫。持っていかないとダメなのは

  • 今使ってるスマホ
  • 機種変更するガラケー、ガラホ端末
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 支払い関係(クレジットカード、キャッシュカード)

です。大まかにはこれで大丈夫ですが、二度手間にならないよう公式サイトの「auショップでのau携帯電話お申し込みに必要なもの」で事前にチェックを忘れずに。

未成年者の場合は、親権同意書、フィルタリングサービス不要申出書、親権者本人の確認書類も追加で必要です。

 

ガラケーをどこで買うか、どうやって準備するか

以前使ってた古いガラケーをそのまま使う事もできますが、古くてバッテリーが持たないとか、壊れかけとか、正直使いものにならないものも多いと思うので、これから長く使うのなら新しく買い直すのがオススメ。

auショップで新しいのを買おうとするとめちゃくちゃ高いから、なんとか安く購入できる方法はないかってことで、結局みんなが最後に辿り着くのはネット通販です。

ネット通販のダイワンテレコムで買ったSoftBankのガラケー

僕はこの未使用品のガラケーをネットで買いました。6,700円だったから、まぁ悪くない買い物だったかと。

ネット通販だと中古品で使えそうなのは2,500円~、未使用品だと7,700円~、人気の無難な機種の未使用品でも1万円ちょいですね。(本当の最新&人気機種だと2万円超えちゃうけど)

このガラケーを使い始めて1年以上経ちますが、別にトラブルもなく普通に気に入って使ってます。ちなみに僕が買ったのはこのサイト。

⇒ イオシス<auガラケー>

auガラケーの具体的なおすすめの機種とか、どこの通販サイトで買うといいの?っていうのは別の記事で書きました。最近はガラホの白ロムも安くで出回るようになってるんで、節約家にとっても魅力的な選択肢があると思います。

→ 中古・白ロムガラケーを購入する時に検討したい通販サイトたち

中古・白ロムのガラケーを購入できるおすすめ通販サイト

 

2台持ちのスマホに使う格安SIMをどうするよ?

auのiphoneとmineoのご利用ガイド冊子とSIMカードの写真

2台持ちに使う格安スマホは、今まで使ってたスマホ(iPhone)をそのまま使うか、新しいSIMフリースマホを買うかのどっちか。これから新しくSIMフリースマホを買う人は、別で自分で買って格安SIMを挿しても良し、自分が使いたい格安SIMからスマホセットを買っても良しです。

ガラケーに機種変更して残ったスマホをそのまま使うのなら、mineoがいいですね。

mineo Aプラン、データ通信専用のシングルタイプのSIMを今まで使っていたauブランドのiPhoneとスマホにそのまま挿すだけで、格安運用ができます。今までと同じau電波エリアを使えて、今までと同じ3GBとか5GBの容量を1,000円前後の値段に抑えて使えるようになります。

ぼくたち情報強者の節約家、バンザイ!w

mineo

公式 → 格安スマホはmineo

楽天モバイルとかDMMモバイルとか、OCNモバイルはドコモ系回線の格安SIMなので、残念ながらauスマホではそのまま使えません。2台持ち運用を検討してる人は節約志向が高い人が多いので、新しいスマホを買わずにそのまま使えるっていうのがいいですね。なんてったって初期費用がかからない!

 → mineo

同じau回線の格安SIMにUQモバイルもありますが、ここは料金プランが複雑過ぎる。

最初の1年は◯円で割引が◯円、通話料がいくら、2年目からは割引額が変わって◯円と分かりにくいことこの上ないし、公式サイトでも高い料金プランばかり選ばせようとするからウザイんだよなぁ。笑

その点mineoは料金プランもわかりやすいし、申込後にSIMの使い方を解説する冊子もついてくるから、初めて格安SIMを使う人でもわかりやすいんじゃないかなーと。

iPhone X、iPhone 8 Plus、iPhone 8はそのままmineoのSIMを挿して使うことが出来ますが、それ以外の2015年5月以降に発売されたAndroidのau VoLTE端末はau端末であってもSIMロック解除が必要です。

auブランドの機種でも、機種によってSIMロックが必要だったり、不要だったりするので、公式サイトのauプランの動作確認端末一覧ページにてご確認をお願いします。

 → mineo