auガラケーの料金プラン/最安維持費は通話のみで746円~

2018/05/12

この記事はauのガラケーと格安スマホの2台持ちをしたい人、スマホからガラケー1台に戻して料金を節約したい人、ガラケーを安く持ち込み新規で契約したい人を想定して書きました。

色々な需要はあるかと思いますが、auガラケーの料金プランを眺めながら、自分の希望に叶いそうな契約ができそうなのかを確認してもらいながら読んでもらえると分かりやすいかと思います。

また、この記事では「3Gガラケーの料金プラン」について書いています。以下に記載した4G LTEケータイ(ガラホ)の料金プランについては「auガラホの料金プラン/最安は通話のみ1,001円~」を御覧ください。

4G LTEケータイ機種一覧

  • TORQUE X01
  • かんたんケータイ KYF32
  • AQUOS K SHF33
  • AQUOS K SHF32
  • AQUOS K SHF31
  • GRATINA 4G

 詳細  【2017年版】auガラホの料金プラン/最安は通話のみ1,001円~

 

auガラケー(3Gケータイ)の料金プラン一覧

auのガラケー4機種。左上がSH011(カメリアホワイト) 、左下K009(ルミナスピンク)、右上SHF31 AQUOS K(レッド)、右下GRATINA(ブラック)

auガラケーの料金プランは全部で6種類。(どのプランも家族間通話は無料です)

auと契約している人は大抵、2年契約を前提とした「誰でも割」を利用しているはずなので、その値段を記載しました。では、ご覧あれ。

プラン名 月額料金 無料通話 通話料金
プランEシンプル 743円 - 30秒20円
プランSSシンプル 934円 1,000円
(約25分)
30秒20円
プランZシンプル 934円 - 午前1時~21時のau宛通話が無料
それ以外20秒30円
プランSシンプル 1,550円 2,000円
(約62分)
30秒16円
カケホ
(ケータイ)
2,200円 - 国内通話無料
カケホ
(ケータイ・データ付)
2,200円
+データ定額(3,500円~)
- 国内通話無料

月々に請求される維持費は、この料金+ユニバーサル利用料2円+通話料+消費税です。ちなみに、持ち込み機種変更だと新料金プランの適用は翌月からになります。

この中で、人気の高い赤文字で記した4つのプランについて補足紹介してみます。プランZシンプルは日中のau間通話がメインになる人は少ないと思うので、補足は省きます。

 

通話はほとんどしない!待受中心の人向けのプランEシンプル【auガラケーの最安プラン】

通話のみの場合は毎月745円(基本料743円+ユニバーサル利用料2円+通話料)。通話料は30秒20円。

キャリアメールを追加する人はEZwebオプション(300円/月)追加で、合計1,046円+通話料です。

このプランがauのガラケーの中で最低料金のプランなので、電話は家族間以外ほとんどなく、基本待受中心という人向け。

通話専用のガラケー+ネット専用の格安スマホとの2台持ちの人にも人気のプラン。

 

たまに通話もするんで、無料通話があった方が便利って人に良いプランSSシンプル

通話料は30秒20円ですが、無料通話が1,000円(約25分)ついてるプラン。お店に予約の電話を入れたり、なんだかんだ家族間以外にも通話する機会がある人にオススメ。

月々の維持費は、通話のみなら936円+通話料。(内訳は基本料934円+ユニバーサル利用料2円+通話料)。

キャリアメールアドレスを入れる場合はEZwebオプション追加するんで、合計1,236円+通話料ですね。

ダブル定額スーパーライト(月額372円~最大4,200円)」も付け足し可能。

 

通話が多い!でもかけ放題は高すぎる!って人はプランSシンプル

家族間通話以外に日常的に発信通話をする人向けのプラン。無料通話は2,000円分(最大62分)ついており、無料通話超過分は30秒16円です。

月々の維持費は、通話のみなら1,552円+通話料。(内訳は基本料1,550円+ユニバーサル利用料2円+通話料)。

キャリアメールアドレスを入れる場合はEZwebオプション追加するんで、合計1,852円+通話料ですね。

仕事用とかガラケー1台だけの運用にはいいけど、格安スマホとの2台持ちだとちょっと高いんだよなぁ。。かけ放題ほど通話しないけど、無料通話1,000円じゃ足りないっていう微妙なニーズに合致する人にだけオススメできるプラン。

ダブル定額スーパーライト(月額372円~最大4,200円)」も付け足し可能。

 

通話のみならカケホ(かけ放題)プランもあり!

国内通話が24時間通話し放題。仕事用や恋人とか、通話がめちゃくちゃ多い人に最適。

ただし、カケホプランは通話のみの希望者のみ推奨します。なぜなら、カケホプランは

  1. 通話のみの契約(2,200円+ユニバーサル利用料2円)
  2. 通話+データ定額パックのセット契約(2,200円+ユニバーサル利用料2円+LTE NET300円+データ定額パック3,500円~

の2つしか選べないんです。つまり、通話とキャリアメールアドレスを残しておきたい人は、維持費が最低でも6,000円超えちゃうので、これはちょっと高すじゃない?w

カケホプラン+ダブル定額スーパーライトなどの低料金のデータ定額プランは契約できません…

 

カケホ以外の通話料をさらに節約する裏ワザ

カケホプランは通話し放題なので関係ありませんが、例えば最安プランのプランEシンプルとかの通話料って30秒20円しますよね。これを、楽天でんわというサービスを使うことで30秒10円まで節約できます。

楽天でんわっていのはインターネット回線を使うIP電話じゃなく、普通の一般回線を使う音声通話の料金を下げてくれるサービスのこと。これに登録して、ガラケーから電話をする時に電話番号の頭に「003768」を入れて発信すると、自動的に30秒10円になります。

注意したいのは、楽天でんわを使うとauで通話料がかからない無料通話分、家族間通話にもお金がかかるっていう点。だから、普通に電話したら30秒20円かかるっていう時だけ楽天でんわを使うようにすると、ただでさえ安いガラケー料金の節約をさらに最適化できます!

▼公式サイト▼

 

これから機種変更、新規契約する人はガラケー端末を買って持ち込み機種変更すべし

安い料金プランと契約できても、ガラケーの端末代が高かったら意味がない。端末代も安くしたいなら、中古品や未使用の白ロムが安くで手に入るので、それを購入してauショップに持ち込み機種変更すると、初期費用をグッと抑えられます。

普通にショップでガラケーを買うと、端末代だけで4万とかしますし、そもそも今売ってるのはガラホだけで、3Gガラケーって売ってないしね。3Gガラケーの白ロムなら未使用品でも1万円ぐらいで買えるし、中古品で良いなら3,000円(!)で買える。

ネット通販のダイワンテレコムで買ったSoftBankのガラケー

ネット通販で6,700円で購入したソフトバクの未使用品のガラケー。

そもそもガラケーを今から使いたいって人は無駄な出費を省きながら上手に仕組みを利用する賢い人達だし、このサイトユーザーもこれから子供の教育費もかかるし、節約できるお金は貯金したり他のことに使いたいって年齢層の人が多いはず。

そんな人は今さらauに高額な端末代(あえてお布施と呼ぼう)をあえて寄付する必要はないですよ、マジで。auに毎月8,000円とかその人が本来払うべき以上のお金払い続けて、将来いざという時、必要な時に必要なお金が出せなくなるとか、それって情報弱者ゆえの自己責任だし。

 

ガラケー端末を用意できたら、auショップで手続き

auショップに持ち込み手続きをする方法は以下の記事にて。

ガラケーと格安スマホの2台持ちをする予定の人で、スマホ(iPhone)からガラケーに機種変更した後に、今まで使ってたスマホをそのまま格安スマホとして使いたい人はmineoにも申し込みをしておきましょう。

mineoならSIMロック解除なしで、そのままSIMを差し替えるだけで格安運用ができます。今までと同じau電波で、今までと同じ3GBとかの通信容量をたった900円で利用できます。

mineoで申し込むのは、au回線のAプランのシングルタイプのSIMです。

mineo

mineo

2015年5月以降のAndroidのVoLTE端末はSIMロック解除が必要な機種もあり。

auのiPhoneならiPhone X、iPhone 8 Plus、iPhone 8、iPhone 6 Plus、iPhone 6、iPhone5sならSIMロック解除せずそのまま使えますが、これら以外の機種はSIMロック解除が必要です。詳細は公式サイトの動作確認端末ページにて。