ドコモのスマホ・iPhoneからガラケーに機種変更する方法

2018/03/08

ガラケーの最新機種を買わずに、ドコモのスマホ、iPhoneからガラケーに機種変更したい!

2018年現在、ガラケーの最新機種を購入してスマホから機種変更すると、月々の料金も端末代も高額になってしまいます。せっかく節約目的でスマホからガラケーに戻すのに、これだと余計にお金がかかっちゃう。

そこで、ドコモiPhoneやスマホから極力お金をかけず、毎月の料金を抑えて運用するために、ガラケーの持ち込み機種変更の方法について紹介します。

 

ドコモのスマホ(iPhone)から中古・白ロムガラケーを持ち込み機種変更する手順

ドコモショップの外観

iPhoneを含むドコモのスマホから中古や白ロムのガラケーを持ち込み機種変更すると(手数料が3,000円だけ必要ですが)、解約金や違約金は掛かりません。

あと、今使ってるスマホの端末代を今も分割払い中だと機種変更した途端に月々サポートが消滅するので、そこだけ注意しておきましょう。残りの端末代がある状態だと節約メリットがないのですが、一応残りを一括で支払うか、分割払いの継続を選択できます。

端末代が幾ら残っているのかを確認する方法My docomo」にアクセスし、「ご利用料金の確認」でチェックできます。

 

機種変更した後のガラケーで利用する料金プランによって手続方法が違い

次に、ガラケーで使う料金プランを決めます。

ドコモガラケーの料金プランは①カケホーダイプラン(国内通話無料)②バリュープラン(最安~無料通話付きなど様々なタイプあり)から選ぶんですが、実はココがややこしい。

かけ放題プランは手続きもスムーズで何の障害もないんですけど、バリュープランの方が少し手間がかかります。

 

Xi→FOMAへの機種変更は料金が高いベーシックプランしか選べないルールがある

ドコモではXiスマホからFOMAのガラケーに機種変更するとき、最安料金でガラケーを持てるバリュープランは選べず、内容は同じで値段だけ2倍高いベーシックプランしか選べないルールになっています。

つまり、Xiスマホからガラケーに契約戻すんだったら値段の高いプランしか契約させません、というドコモ独自のルールです(auやソフトバンクにはそんなルールない!)。

Xi回線からFOMA回線へ、FOMAのカケホーダイプランからFOMAバリュープランにを端末持ち込みで機種変更する場合にこのルールが適応されます。

しかし、細かい条件をクリアできればスマホ→ガラケーに戻してもバリュープランでも契約出来るんで、私達はそこを狙います。

 

ドコモ・FOMAバリュープランの内容

で、そのバリュープランの内容。

最安値の料金を選ぶならこのバリュープランです。最安値は通話のみで月額743円(タイプシンプルバリュー)。

価格は税抜き、基本料金は誰でも割50(2年契約)適用時の価格です。家族間通話は全て無料です。

プラン名 月額基本料
(無料通話)
通話料
タイプシンプルバリュー 743円 30秒20円
タイプSSバリュー 934円
(1,000円/25分相当)
30秒20円
タイプSバリュー 1,500円
(2,000円/55分相当)
30秒18円

ベーシックプランはこの内容で値段だけ大体2倍ほど高いと思ってください。

ガラケー利用でバリュープランと契約するならタイプシンプルバリュー、タイプSSバリュー、タイプSバリューのどれかから選ぶのが基本。

これ以外にも無料通話2,500円~6,500円など色んなプランが一応あるんですけど、それ選ぶんだったらカケホーダイ(2,200円)の方が得なので、基本は上の3つから選びましょう。

キャリアのメールアドレス(~@docomo.ne.jp)を付けるなら、iモード/SPモード(月額300円)をプラス。通話だけの利用なら、基本料金とユニバーサル利用料2円+消費税です。

ちなみに格安SIMでガラケーで使うと、DMMモバイルでは1,140円+通話料30秒10円が基本プランです。ドコモではスマホからガラケーに契約を戻すのに手間がかかるので、もし面倒であれば格安SIMでガラケーを持つのも良いと思います。

今使っている電話番号もMNPすれば、そのまま使えますしね。

 

ドコモスマホからガラケーにバリュープランで持ち込み機種変更する方法

XiからFOMAに持ち込みでバリュープランで機種変更するには、持ち込み機種変更するガラケー端末に細かい条件が課せられています。

その条件を満たしたガラケー端末を自分で用意し、それをドコモショップに持ちこんで機種変更しないといけません。

この条件を満たしたガラケー端末の紹介と、具体的な手続き方法は少し複雑なので、下記の別記事で確認してください。

 参考  ドコモガラケーをバリュープランで持ち込み契約する方法

 

FOMA・カケホーダイプラン

基本料金は24時間国内通話無料で2,200円です。パケットパックなしで通話のみで契約することも出来ます。

1回5分以内の通話が無料になるカケホーダイライトはFOMAガラケーでは契約できません。残念!

カケホーダイでは普通にドコモの白ロムガラケーを持ち込むだけでいいです。特に持ち込む端末の制限もないし、手続き方法も簡単なので、バリュープランに比べてずっと楽です。

 参考  ドコモガラケーをカケホーダイで持ち込み契約する方法

 

ドコモガラケーと格安スマホの2台持ちにする場合は格安SIMの準備を

スマホからガラケーに機種変更する人の多くが、通話のガラケー、ネットの格安スマホの2台持ちを想定していることが多いですが、もしかするとあなたもそうでしょうか。

ドコモスマホとドコモ系格安SIMの組み合わせなら、SIMロック解除せずにそのまま使えます。機種変更して残ったスマホもiPhoneの再利用が出来るので、その中から自分の好きなものを申し込むといいです。

ドコモ系の格安SIMで人気なのは、やっぱり楽天モバイルDMMモバイルあたりかなぁ。楽天カードユーザーとか、楽天ポイントを集めている人は恩恵あるでしょうし、楽天は結構人気ですね。単純に値段の安さを重視するんだったらDMMモバイルかな。

楽天モバイルの値段はご覧の通り。2台持ちに使うための格安SIMはデータ通信専用でOKなので、その値段だけ載せますね。

プラン容量 月額料金
3.1GB 900円
5GB 1,450円
10GB 2,260円

表記は税別。プラス120円でSMSを付けられますが、個人的にSMSは要らないと思います。

この中では3.1GBを選ぶ人が全体の9割ぐらいじゃないかな。2台持ち用途でも、ほとんどの人にとってはこれが最適なプランかと思います。

⇒  楽天モバイル <公式>

DMMモバイルの主なプランはこちら。同じく、表記は税別です。

プラン容量 月額料金
1GB 480円
2GB 770円
3GB 850円
5GB 1,210円
7GB 1,860円

この中では、実質、1GBと3GBを選ぶ人がほとんど。DMMモバイルはこれら以外にもっと、細かい容量別のプランがあります。最大20GBまで、全部で10プラン。

2018年5月9日までに申込みすれば、本来かかる契約事務手数料3,240円が0円でOKです!

DMMmobile

⇒ DMMモバイル <公式>

最後に

いやー、それにしてもドコモのスマホからガラケーへの機種変更は、auやソフトバンクに比べてとても複雑です。

消費者としてはもっと簡単でわかりやすく、安く提供してもらった方がありがたいのだけれど。。。

楽天モバイル <公式>

⇒ DMMモバイル <公式>

 プランごとの手続き一覧