auガラケーのSIMカード差し替える方法【自分で機種変更】

2018/01/16

auのガラケーは自分でSIMカードを差し替えるだけで機種変更することが出来ます。

ただし、①差し替え先と差し替え元のSIMカード(au ICカード)の種類、サイズが同じであること、②差し替え先のガラケーがロッククリア済み機種であることが条件です。

今使っているガラケーが故障してしまったけど、同じ機種を買い替えて使い続けたいなぁ~って人には、とてもいい方法です。

この記事では前半に「auガラケーのSIMの差し替え方法について」後半では「auガラケーのSIMの種類とサイズの一覧」を書いています。

この記事を読めば、無料で機種変更ができる方法がわかるはずです!

 

auガラケーのSIM(au IC)カード差し替えで機種変更する条件

差し替え条件の一つ目がau ICカードの種類とサイズです。

auのICカードって種類が色々あるんですけども、そのうちauのガラケーとガラホに使われている主なSIMカードって、

  1. 3G 標準(通常)SIM
  2. 3G microSIM
  3. 4G LTE nanoSIM
  4. 4G LTE nanoSIM 04

この4種類です。

つまり、この4種類の中で同じ種類のSIM同士であることが差し替え機種変更の第一条件ってことになります。

同じ種類じゃないけどSIMアダプターという大きさを調整する下駄を使うのであれば、

  • 3G microSIM ⇒ 3G 標準(通常)SIM

という組み合わせも差し替え可能(詳細は後で書きます!)

auのガラケーに使ってるSIMは大半の機種が①3G通常SIMです。2013年以降発売の機種だと②3G micro SIMも使います。

LTE通信ができるガラホは③VoLTE nanoSIMか、④4G LTE nanoSIM 04を主に使います。この他に⑤4G LTE nanoSIMはというSIMもあるんですが、ガラホでは現在1機種だけに使われているSIMです。

自分の端末がどのSIMカードなのか分からない人は、記事後半にある機種別一覧で後ほど確認してください。

厳密に言うと、ガラケーに使う3G 標準(通常)SIMにはver.001ver.002があります。

Ver.001はNFCサービスが使えません。

NFCサービスとはおサイフケータイ、Bluetoothなどの無線通信のことで、Ver.001のSIMをNFC対応端末に挿しても、これらの機能は使えません。

ただし、Ver.001のSIMであっても3G通信や通話は問題なく使えます。

NFCサービスは必要なければ、特にSIMカードの違いは気にする必要はありませんし、そもそもおサイフケータイやBluetoothが内蔵されていない機種だったら全く考えなくて大丈夫。

auのロッククリアについて

auのSIMロック解除とL2ロックの解除を図解にしたもの

SIMカード差し替え第二の関門がロッククリア。

auでは、一度挿したSIMカード以外は認識しないようにしてあるロック(L2ロック)がかかっています。

au以外のソフトバンクやドコモのSIMカードを認識させないのをSIMロックと言い、同じauの中でも一枚のSIMカードしか認識させないのがこのL2ロックです。

「L2ロックの解除=ロッククリア」のことで、SIMの差し替えで使うなら新しいガラケー端末のL2ロックを解除しないといけません。

めんどくさいことするなぁ。

 

対処法1:ロッククリア済みの白ロムガラケーを買うのが一番かんたん!

一番簡単なのは、最初からロッククリアされている機種を購入することです。

中古のガラケーや白ロムを販売しているサイトでは「ロッククリア済」の機種も販売されているんで、それを購入するのが一番手っ取り早いですね。

これなら、購入後、自宅に届いた瞬間に自分で差し替えすれば機種変更はすぐに完了できます。

しかし問題はロッククリア済みの機種はほとんど販売されていないということ。ネット中を探し回ればあるでしょうが、正直、ロッククリア済みの機種を買うのは現実的ではないんです。

 

対処法2:SIMの差し替えはせず、auショップに持ち込み機種変更する

ロッククリア済の機種を探してみたけど、①ロッククリア済の機種で欲しいものがない、②ロッククリアされていないガラケーに機種変更したい、③ロッククリアされていないガラケーがもう手元にあるなど、希望に合わないことも出てきます。

そもそも、2018年現在ではロッククリア済みのガラケー機種はほとんど販売されていないので、持ち込み機種変更する方が手っ取り早いのも事実です。

無理に差し替えをしようとせず、auショップに持ち込み機種変更することも検討しましょう。

2,000円~3,000円の手数料が必要ですが、持ち込み機種ならSIMの種類やサイズにこだわる必要が無いので、自分の好きなガラケーを選ぶことが出来ます。

参考 auの白ロムガラケーを持ち込み機種変更する方法

 

差し替え目的でSIM(au IC)カードのサイズと種類が同じガラケー端末の探し方

ここまでauのガラケーでSIMの差し替え条件について書いてきましたが、やっぱりいちばん大事なのは端末選びです。

端末選びでは、①今自分が使っている端末のSIMの種類とサイズを確認、②それと同じ機種で、なおかつロッククリア済みの機種を購入します。

しかしさっきも言ったように、ロッククリア済みの機種はほとんど売られていません。あるとしたら、下記の通販サイトぐらい。しかも機種の種類はせいぜい1つぐらいしかないので、選択肢は少ないです。

ダイワンテレコム
<ロッククリア済み機種>

もしここで見つからなければ、SIMの差し替えは諦めて、ショップへの持ち込み機種変更に切り替えましょう。

ダイワンテレコムではロッククリア代行もやってる

僕は使ったことがありませんが、このサイトでは税込2,700円で「au - ICロッククリア代行手続き」のオプションがあります。

商品購入時にオプションとしてこの商品を追加するとロッククリア済みの状態で手元に届きますから、ロッククリアされていないauガラケーが欲しい人はこれを利用するといいでしょう。

 

イオシスでのauガラケーの商品の見方、探し方

ガラケーを購入するとしたら、さっきのダイワンテレコム以外にも、イオシスというサイトもおすすめです。

⇒ イオシス<auガラケー>

実際にサイトに行ってもらえれば感覚でわかると思いますが、各商品ページにある「スペック表」の「詳しく見る」で開くと、SIMカードサイズ、という欄にSIMの種類が記載されています。

下のサンプル画像の赤枠で囲んだ部分です。

イオシスでのSIMカードサイズを赤枠で囲ったスクリーンショット

SIM(au ICカード)の差し替えをする時は、必ずここをチェックします。その他のスペックもここで確認できるので、購入前にしっかり見ておきましょう。

⇒ イオシス<auガラケー>

 

ガラケーのSIMカードの差し替えのやり方

ガラケーが届いたら、いよいよSIMを差し替えます。

SIMカードを入れるスロットの場所はサイドだったり、裏蓋を外して電池パックの裏側だったり、端末によって違います。私が使っているソフトバンクのガラケーは裏蓋の中にSIMスロットがありました。

SIMカードを差し替えるときは、一度電源をOFFにします。

裏蓋を外した状態のソフトバンクのガラケー

裏蓋を外した状態のソフトバンクのガラケー

電池バックを外し、SIMカードを差し替えます。こちらは一番サイズの大きい標準(通常)SIMです。

SIMカードを差し替えている状態のソフトバンクのガラケー

SIMカードを差し替える

電源を入れると通信や通話ができるようになりますよ!これでSIMの差し替えと機種変更は完了!

 

とりあえず一旦まとめ

ここで一度、まとめます。

  1. SIMカードの種別が同じ機種
  2. 差し替え先のガラケーがロッククリアされている

この条件が両方とも揃っていれば、自分でSIMカードを差し替えるだけで機種変更が出来ます。そのためのガラケーの端末選びが重要。

自分の条件に合うガラケーを探す時は品数が多くてロッククリア済の機種も多いネット通販サイトが便利。ロッククリア済みの機種が売られてる数少ないサイトがこちら。

ダイワンテレコム

ガラケーが届いたら、自分でSIMを差し替えれば完了。

でも、このサイトではロッククリア済みの機種は少ないし、SIMカードのサイズも違う、ほしい機種がないのであれば、SIMの差し替えは諦めて、好きな白ロム機種を買って持ち込み機種変更にシフトしよう、というのがこの記事で言いたいことでした。

 

auガラケー全機種をSIMカードの種類別に分類

ここから記事の後半に入ります。

auのガラケーのSIMカードの種別とそれぞれの機種名を一覧で列挙していきます。

auのガラケーの9割以上は3Gの標準(通常)SIMなので、3Gの通常SIMではない例外を先に紹介して、その後に通常SIMを使う全機種名を紹介していきますね。

自分の探している条件に合うものがあるかどうか、辞書代わりに使ってください。

自分の端末を探したい場合は、パソコンで「CTRL+F」を押して検索すると、該当箇所を表示してくれます。

 

3G microSIMを使うauのガラケー機種一覧

正式名称はmicro au ICカード(3G)。

  • Mamorino3(マモリーノ3・2013年)
  • PT003(2012年)
  • MARVERA(2013年)
  • MARVERA2(2014年)
  • GRATINA(2013年)
  • GRATINA2(2015年)

この6機種は3G microSIMを使います。標準SIMからだと、サイズが小さくなるので差し替えは出来ません…。

逆にmicroSIM→通常SIMだと、小は大を兼ねるということで、SIMアダプターを使えば差し替えできます。

SIMカードの変換アダプタをする前(左)と装着後(右)を並べた画像

こんな風にして使うと、microSIMでも標準(通常)SIMに差し替えが可能に!

4G LTE nanoSIM(au Nano IC Card (4G LTE))を使うガラケー・ガラホ機種一覧

SIMカードの正式名称はau Nano IC Card (4G LTE)。

  • AQUOS K SHF31(2015年)

iPhone5~iPhone6までのモデル、その他スマートフォンと同じSIMです。

データ通信の設定や料金プランの見直しは必要ですが、SIMそのものは差し替えで使うことが出来ます。

 

4G LTE nanoSIM 04(au Nano IC Card 04 LE)を使うガラホ機種

正式名称はau Nano IC Card 04 LE。

  • かんたんケータイ KYF32(2016年)
  • TORQUE X01(2017年)

主にiPadで使われているSIMです。

 

VoLTE nanoSIM(au Nano IC Card 04(VoLTE))を使うauのガラケー・ガラホ機種一覧

SIMカードの正式名称はau Nano IC Card 04(VoLTE)。

  • GRATINA 4G KYF31(2016年)
  • AQUOS K SHF32(2015年)
  • AQUOS K SHF33(2016年)

4G LTE通信ができる、最新のガラホ。LINEも出来て、WI-FI通信も出来ます。iPhone 6s以降のモデルと同じSIMです。

 

auの3G標準・通常SIMのガラケー機種一覧

上に挙げた機種以外は3Gの標準(通常)SIMを使用します。

2006年以降に発売された機種を全て明記していますが、数が非常に多いため、メーカー別で紹介します。自分の使っているガラケーや、新しく買い替えたい機種の確認に使ってください。

au design project

  • INFOBAR2

CASIO

  • W52CA
  • W61CA
  • EXILIMケータイ W53CA
  • EXILIMケータイ W63CA
  • EXILIMケータイ CA003
  • EXILIMケータイ CA004
  • EXILIMケータイ CA005
  • EXILIMケータイ CA006
  • G'zOne W62CA
  • CA001
  • G'zOne CA002
  • G'zOne TYPE-X
  • CA007

富士通

  • F001

HITACHI

  • W52H
  • W61H
  • Woooケータイ W53H
  • Woooケータイ W62H
  • Woooケータイ W63H
  • Woooケータイ H001
  • Mobile Hi-Vision CAM Wooo
  • beskey

iida

  • G9
  • misora
  • PLY
  • PRISMOID
  • lotta
  • LIGHT POOL
  • X-RAY
  • G11

京セラ(KYOCERA)

  • W53K
  • W61K
  • W62K
  • W63K
  • W63K(カメラなしモデル)
  • W64K
  • W65K
  • K001(安心ジュニアケータイ)
  • mamorino(キッズケータイ)
  • mamorino2(キッズケータイ)
  • K002
  • K006
  • K007
  • K009
  • K011
  • 簡単ケータイK003
  • 簡単ケータイ K004
  • 簡単ケータイ K005
  • 簡単ケータイK007
  • 簡単ケータイ K008
  • 簡単ケータイ K010

NEW STANDARD

  • NS01(ベルトのついたケータイ)
  • NS02(ベルトのついたケータイ)

Panasonic(パナソニック)

  • W61P
  • W62P
  • P001

PENTECH

  • W61PT
  • 簡単ケータイ W62PT
  • 簡単ケータイS PT001
  • PT002
  • PT003

SANYO

  • W52SA
  • W54SA
  • W62SA
  • W61SA
  • W63SA
  • W64SA
  • SA001
  • SA002

SHARP(シャープ)

  • W52SH
  • W62SH
  • AQUOSケータイ W61SH
  • AQUOSケータイ W64SH
  • URBANO
  • SH001
  • SH004
  • SH005
  • SH009
  • SH011
  • Sportio water beat
  • SOLAR PHONE SH002
  • SOLAR PHONE SH007
  • AQUOS SHOT SH003
  • AQUOS SHOT SH006
  • AQUOS SHOT SH008
  • AQUOS SHOT SH010

SONY Mobile communications(ソニー)

  • ウォークマン (R) ケータイ W52S
  • Walkman Phone, Xmini
  • Walkman Phone, Premier3
  • W53S
  • W54S
  • W62S
  • W64S
  • Cyber-shot ケータイ W61S
  • Cyber-shot ケータイ S001
  • Cyber-shot ケータイ S003
  • Cyber-shot ケータイ S006
  • BRAVIA Phone U1
  • BRAVIA Phone S004
  • BRAVIA Phone S005
  • URBANO BARONE
  • URBANO MOND
  • URBANO AFFARE
  • フルチェンケータイ re
  • S002
  • S007

TOSHIBA(東芝)

  • W47T
  • W53T
  • W54T
  • W55T
  • W56T
  • W61T
  • W62T
  • W64T
  • W65T
  • DRAPE
  • biblio
  • Sportio
  • フルチェンケータイ T001
  • T002
  • T003
  • T005
  • T006
  • T007
  • T008
  • REGZA Phone T004